2014年11月11日

出来ないからやっている

今日力を尽くして、目標に届かなかったのならそれは恥ではない。
今出来ないことを可能にするために練習をしているのだから。
ただ悔しさや恥ずかしさを誤魔化そうと、言い訳をしたり練習の結果を隠したりしてはいけない。
本気でやっていればストレスはあるし感情も動く。
でも、恥をかくことを恐れるな。

理想と比べて思うようにいかないこと、出来ないことだらけ。
理想が高ければ当然そうなる。
理想と違う今の自分の立ち位置を受け入れることも大切。

目の前にある今日できることだけに集中する。
続ければ必ず人生が変わる。
まっすぐぶつかれ。
posted by まろ ジャグリング at 17:36| Comment(0) | メンタル

2014年03月04日

今まで絶対に出来なかったことをやりたいなら

今までやらなかったことをやる必要がある。
それは
内容かもしれないし
方法かもしれないし
環境かもしれないし
強度かもしれないし
継続期間かもしれない。
またはその全てか。
posted by まろ ジャグリング at 11:10| Comment(0) | メンタル

2014年01月18日

練習の心構え、プロのように振舞う

今日の横浜新ジャグリングクラブの練習後メンバーにお話ししたことですが…

初心者であっても、趣味で練習するのであっても、練習中はプロのように振舞うことが大切です。
できるなら普段口にする言葉も、食事や睡眠、全ての日常生活でも。

初心者もどのような姿勢で練習に臨むのかということは自分で選べます。
それぞれ練習に費やすことができる時間も違うし、環境も違う。
それでも、自分が持っている時間の中だけでも、プロのように、プロを目指す者のように振舞う。

大それたことを思っていいし、大それたことを口にすればいい。
まろはなれ合いの楽しさより、真剣に練習して自分の向上を実感したり
結果を出せた時の楽しさの方が絶対に大きいと信じています。

もちろん全ての人が常に目標をかかげて闘い続けなければいけない訳ではありません(笑)
スポーツ、芸術、仕事など、能力を高めよう、結果を出そうということに関わっている人達の話。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
月・水・金の夜、横浜各地で新ジャグリングクラブの練習会を行っています。
※初級クラスは初心者、子供でも安心して参加できます。
※誰でも参加できる自由練習会を1/26(日)18:00〜20:50と2/2(日)11:00〜14:50に開催します。
2月に新ジャグリング指導者講習を開催します。
練習の組み立て、トレーニング理論を理解することは初心者にも必ず役立ちます。
参加お申込み、参加レベルについてなど、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by まろ ジャグリング at 01:09| Comment(0) | メンタル

2014年01月05日

とにかく動くこと

どんなに努力しても願いが必ず叶うかは分からない。
でも努力した分の成果は必ず身につきます。

どのジャンルのどんなに有名なプロでも、
最初はみんな素人、初心者、アマチュア時代がありました。
勉強でもスポーツでも仕事でも、とにかく
やり始めること。
そして続けること。

そこから道は始まります。

*****************************
努力を形にするには環境も大切です。
練習の結果を出せる環境作りに全力で取り組んでいます。
美しい身体を作り、ジャグリング技術を磨く
横浜新ジャグリングクラブのお知らせはこちら
*****************************
タグ:練習
posted by まろ ジャグリング at 08:27| Comment(2) | メンタル

2013年12月18日

体育館練習に行ってきます

今日は9時から一日自分のための練習だけしてきます。

他に優先すべきこと、やらなくていい正当な理由は必ず見つかる。
そしてそれを選んだらやっぱりこれで良かったと思う。
でもその「理由」はただの言い訳で、
良かったのはつらい思いをしないですんだから

身体や能力が衰えたとしても、意志まで衰えさせてはいけない。

さぁ今日も立ち向かっていきましょう!
posted by まろ ジャグリング at 08:44| Comment(0) | メンタル

2013年07月28日

人の目を利用して自分のやりたいことをやる

今のチームと一緒にリハーサルを始めた当初、みんなまろがずっと練習をしているのを見て
「えっ?まだ練習するの?」という感じでした。
初日の打ち上げや休演日前夜の食事など、全部不参加。
今夜もみんなショーの後ライン川に泳ぎに行っていましたがまろは不参加。
最初の一週間は理解不能という感じでしたが、今はみんなまろが練習のためのスケジュールや
睡眠、起床時間、食事を取る時間や量などをコントロールしていることを理解してくれています。
クレイジーだと言われたりもしますが、今ではまろがいつでも劇場にいて練習していることが
当たり前のことになっています。
もちろんみんなサーカスアーティストだし練習とショーのために
生活リズムをキープしていることを尊重してくれるし変な目で見られることもありません。
こうなってくるとむしろ練習していないことが変なことになってきます。
誘いを断っても違和感もないし、ちょっと疲れていてもだらけている自分を見せられないという
意識も働いてしっかりした姿勢を保つことを助けてくれます。

もちろんポジティブな理由が必要ですが、周囲から
「あの人はやることがあるからまぁ仕方ないよね」
と見られるようになると周りに流されることもなくなります。
その行動を納得してもらえる態度を常に維持することはプレッシャーもあるので、
プレッシャーに強く、何を言われても自分は自分という人向きかもしれませんが…
大事なことは一貫した態度で、例外を作らないこと。
posted by まろ ジャグリング at 08:15| Comment(3) | メンタル

2013年07月25日

強くあろうとし続けること

最初から本当に強い人というのは中々いないと思います。
大切なことは弱さを受け入れた上で、
それでも強くあろうとし続けること。
才能の無さ、要領の悪さ、意志の弱さ。
失敗や挫折をして永遠に投げ出すのではなく、
出来なかった自分を受け入れて、またやり直せるかどうか。
一週間後でも、一か月後でも、一年後でも、十年後でも。
弱い人間でも、強くなろうという努力を続けることはできる。
posted by まろ ジャグリング at 08:28| Comment(2) | メンタル

2013年07月24日

誰かが救ってくれるなんてことはない

援助やきっかけをもらうことはできても
本当に救われたかったら自分で何とかするしかない。
…と、まろは10代の頃からずっと思っていました。
それは今でも変わりません。
posted by まろ ジャグリング at 17:22| Comment(2) | メンタル

2013年07月23日

選んでここに立っている

もしこの映画を見たら寿命が本当に一日縮むという映画があったら見に行きますか?
もしこのゲームをクリアしたら寿命が100時間縮むというゲームがあったら?
もしこのパソコンを操作したら寿命が10時間縮むというパソコンがあったら?
もしこの講座に参加したら寿命が2時間縮むという講座に参加しますか?
…自分の寿命を使うに値すると思えばそうするし、値しなければそうしない。

忙しくて時間が無いと言いながら際限なく自由に時間を使えるように振舞わないように。
まろは何故かいつも2時間のダンスクラスに参加する時に強く感じます。
自分が持っている限られた時間の中で、自分の寿命を使って、選んでここに立っている。
そう思うと習慣や惰性で何となく練習しようという気持ちにはとてもなれません。

もしも自分が寿命でもう死ななければいけない時に。
あと10時間猶予をもらって、家族と過ごして良いとなったら?
例えば20代に戻って最後に1日だけ好きに過ごすことができるとしたら?
(まろは30代ですが考え方は一緒)
それが今。
おそらくまだ10時間以上、1日以上の時間は持っているでしょう。
ただ残りがどれだけあるかは分からない。

もちろん時には遊びや無駄なこと、休養も必要です。
だけど無自覚に寿命を削るような時間は1分たりとも過ごしたくない。
今日も集中していきます。
posted by まろ ジャグリング at 18:16| Comment(4) | メンタル

2013年07月09日

純粋にそれをやりたいかということだけ

上手くいくかどうか、成功や安定が保証されるかどうか、
そんなことは関係なく、ただ自分がやりたいかどうか。
保護されること、保障されることは権利ではなく、
どんなに強く望んでも叶わないこともあるという現実。
それでも叶いそうにないから諦めるのではなく、
ただ純粋に自分が望むことを追及すること。
ある意味盲目的でバランス感覚を欠いた人、
そして才能と運がある人が生き残っていく。
執念にも似た純粋さ。
posted by まろ ジャグリング at 08:39| Comment(2) | メンタル

2013年07月08日

ベルリンでの最後の練習

今日は12時からValentin、15時からChaimが来てくれます。
二人とも好意だけで来てくれます。本当にありがたいですね。

遠いように見えても必ずその日はやってくる。
何気ない一日を本番前の一日と同じ覚悟で過ごすことができるか。
本番前どんなに頑張っても一か月分の努力は一か月分でしかない。

成果を感じられない単調な日々だとしても、報われる可能性があるのは
それを繰り返すことができた人だけ。
posted by まろ ジャグリング at 15:36| Comment(0) | メンタル

2013年05月24日

flashタイピング寿司打

相変わらず一日一回やっています。
susida9200.png
十数年前に初めてパソコンを入手した時、タイピングアプリを徹夜で練習し、
一晩でブラインドタッチができるようになったことを思い出します。
まぁ分速60〜70文字程度でしたが、手元を見ないでタイピングできるようになったということで。
その頃は街を歩いたり電車の窓から見える文字や看板を全て頭の中でタイピング入力していました。
人と会話する時も頭の中で言葉を常に変換していたり(笑)
思えばまろのタイピング好きはそこからずっと続いているんですね〜
ストレスなく文字入力できることが、一生に出来る作業量、
クオリティを変えていくと思ったので・・・

やはり最初の熱意と勢い、物事に一気にはまってしまう、スタートダッシュが大事ですね。
楽器でも語学でもジャグリングでも、あっという間に上手くなる人はそこが違う。
仕事や学業に縛られず、時間を作れる人は有利ですね。
最初から明らかに頭一つ抜けている人は時間が経つほどどんどん遠くに行ってしまう。

でも大切なことは離れてしまったことで自分の情熱を失わず、
10年、20年かけても自分が目指す場所に到達すること。
もちろん到達速度を最大化しようという努力は必要ですが、
手が届かないことで気持ちが折れてしまわないように。

絶対に今日やり遂げようと集中するけど、1年後には絶対達成できているはずと焦らない。
出来ない自分を数か月、数年単位で俯瞰して過程を楽しめるようになると
どんなジャンルでもどんな練習でも、自分が自分の先生になることができます。
その中でもジャグリングやタイピングは上達を客観的に把握できるので楽しいですね。
Flashタイピング寿司打…いかがですか?(笑)
posted by まろ ジャグリング at 12:14| Comment(3) | メンタル

2013年03月12日

緊張について

普段よく受ける質問の一つに
「緊張はしないんですか?」というものがあります。

緊張はします。
もちろんどのレベルのショー、環境か、コンディションによっても緊張度は変わります。
基本的に緊張することは当たり前で、その緊張をどうやってコントロールするかが大切です。

本番前に緊張した時、
「どうしよう、緊張して身体が思うように動かない」となるのか、
「いつもの緊張が来たな、ステージが楽しみだ」と思えるのか。

緊張との向き合い方には色々な方法がありますが、具体的に例えばまろは
「今やる一つの技、動きだけに集中する」
ように心がけています。
演技の途中に難易度が高い技があったとして、
そのことが不安で簡単な技にまで影響が出ないように。
また、途中でどんな失敗をしたとしても、それはそれ、次の要素をしっかりとこなすこと。
個人的には目の前のことに集中して余計なことを考えなかった時、
気づいたら演技が終わっていたような時が、良いショーになることが多いです。

失敗の反省はステージ裏でやれば良い。
演技の途中に反省や後悔はしない。
そしてもし失敗した場合はあえてゆっくりスタートすること。
慌てて演技に戻ろうとすると失敗の連鎖が起きてしまいます。

精神コントロールの他に、集中するためにはリハーサルや照明、
スタッフとの関係など、外的環境もしっかり整えることも大切ですね。
そして体調管理、身体能力の底上げ、高い技術。
技術の不足、体調不良、見にくい照明など、物理的に取り除ける障害は全て取り除いておく。
集中を乱す余計な要素を削って、できるだけ純粋にステージに上がれるように。

どのようなジャンルのスポーツでもそうですが、
新ジャグリングでもメンタルトレーニング、本番への臨み方の訓練は大切です。
普段の新ジャグリング教室でも立ち位置、照明、リズムと集中、リラックス、
シークエンスの発表などを通じて少しずつ精神コントロールの要素を取り入れています。
posted by まろ ジャグリング at 10:55| Comment(0) | メンタル