2013年06月26日

友人との再会

今日練習中にディアボロプレイヤーのBennoに再会しました。
日本ではゴールデンタイムというディアボロデュオとして知られているかもしれません。

動画はまだゴールデンタイムになる前、2007年Katakombenでのオープンステージです。
彼らはオープニングアクト、まろも後半に出演していたので彼らの演技は観れませんでした。
当時の演技は今初めて見ています(笑)
Bennoは組む相手を変えてTwin Spinという新しいコンビで仕事を始めたとのこと。

ちょうど彼らも来月ケルンでショーがあるそうなので、
お互い情報を交換してそれぞれのショーを観に行くことに。

Bennoの他にも古い友人でハンガリー人のRikeがAlmost Trioというコンビ(トリオだけど2人…)で
ちょうどケルンに来るそうです。

また昔まろのアパートの一室を貸していたベルギーサーカス学校出身のHinnerkも
ケルンに住んでいるから会いにいくよとメッセージをくれました。

良いショーを観てもらえるようにしっかり準備しなければと、良い刺激になります。
こういった形で友人に再会できるのは嬉しいですね!
posted by まろ ジャグリング at 23:51| Comment(0) | 海外

2013年06月25日

やらない言い訳

今ベルリンは11℃、大粒の雨が降っています。
まろの家からkatakombenまで徒歩15分弱、傘を持っていないので雨の中歩くと結構濡れます。
天気予報で今週ずっと雨になると分かっていたので、
Katakombenの上に住んでいる友人に朝の鍵開けを交代してもらおうかと思いましたが、
雨を朝から練習しない言い訳にしてはいけないと思いとどまりました。
やらなくて良い理由はいくらでも見つかるし、
たった一日やらないということはとても魅力的に思える。
みんなが納得してくれる言い訳を見つけてやらないことは簡単、闘わなくてすめばほっとする。
その小さい積み重ねが結局自分の首を絞め、その道から消えていく。
逆に言えばそこで小さく踏みとどまった一歩が、少しずつ道を開いていく。

今日は午前、午後練習、夕方からコンテンポラリーダンスクラス、
2時間自分の練習に戻り、その後バレエクラスに参加してきます。
ベルリンもあと二週間。

消えるには早いし消えるには遅い。

今日の課題にしっかり集中します。
タグ: ベルリン
posted by まろ ジャグリング at 15:20| Comment(2) | 海外

ベルリンジャグリングコンベンションの司会

maro-juggling_bjc2013mc.jpg
今年の司会はMatthias Romir。
個々のアーティストも大切ですが、ある意味それ以上に大事なのが司会の力。
強烈なキャラクターを持っている人が多く、沢山持ちネタがあるオールラウンダータイプが多い。
オーソドックスなショー構成は、アーティストの演技が終わる度に司会がトークとネタを披露して、
次のアーティストのスタンバイができたら紹介してはけるというもの。
maro-juggling_bjc2013mc2.jpg
これは客席からLuke Burrageを呼び出して二人羽織で6クラブをやろうとしているところ。
司会がショーのイメージを大きく左右するので、アーティストの演技時間と同じくらい
トークやネタを繰り広げることもよくあります。
まろはある程度テンポよく進んでくれる方が好きですが・・・
今回のガラショーも、半分はMatthiasの時間でした(笑)
posted by まろ ジャグリング at 04:52| Comment(0) | 海外

2013年06月22日

ベルリンジャグリングコンベンション2013ガラ

二週間ほど前ですが、ベルリンジャグリングコンベンションのガラショーを観てきました。
毎年開催前にチケットが売り切れてしまうのですが、主催者の一人がチケットをくれたので・・・
面白いアーティストが沢山いましたが、それぞれの紹介はまた別の機会に。
ショーのトリはパリから来たEtienne Chauzyのディアボロアクトでした!

maro-juggling_bjc2013ettienne.jpg
4ミルからの1up3サン!
posted by まろ ジャグリング at 23:58| Comment(0) | 海外

2013年06月21日

ベルリンの猛暑と嵐

ここ二、三日、ベルリンは30度を超える猛烈な暑さ。
普段涼しいだけにエアコンや扇風機などが普及していないので、
暑くなったら逃げ場がありません・・・
でも夜に急に突風が吹きはじめ、激しい雷と土砂降りの雨。
あっという間に気温が下がり、嵐が去った後も涼しいまま。
天気予報を見るとこれからはしばらく涼しいようです。
maro-juggling_2013.06.berlin_thunder1.jpg
maro-juggling_2013.06.berlin_thunder2.jpg
maro-juggling_2013.06.berlin_thunder3.jpg
※夜です
昨日はベルリンにG8の後オバマ大統領が訪れたそうで、
ブランデンブルク門など中心部の方は大混雑だったそうです。
posted by まろ ジャグリング at 15:31| Comment(2) | 海外

2013年06月20日

イタリアのジャグリングメーカーplayのプロデューサー

maro-juggling_belin_davide.jpg
sil-xボールやpx-3クラブなどを制作しているイタリアplay社のプロューサー、
Davideと再会しました。
初めて会ったのは2006年秋、彼がsil-xボールの試作品をベルリンに持ってきた時でした。
その後sil-xの外側をソフトロシアンボールに変更した特注品を作ってもらい、
2008年秋頃までそのボールをメインに使用していました。
今では様々なジャグラーから注文があり、正式に商品として販売しているとのこと。
そのボールをくれると言っていたのですが、今回ドイツのショーでは
sil-xインプロージョンボールを使うと言ったら、18個(!)くれました!
実は昔の特注ボールも只でもらっていたり、通常注文も格安で対応してくれたりします。
初めて会った頃から積極的にジャグラーのスポンサーになったり、
商品開発のため試作品を提供して改良したりという姿勢が素晴らしい人です。
写真を撮って気づいたのですが・・・
Davideとこんなに身長差があるとは思いませんでした(笑)
posted by まろ ジャグリング at 23:33| Comment(0) | 海外

2013年06月15日

鍵開け

ここしばらくKatakombenを朝オープンしています。
自分で鍵を持っていると通常の9時より早く練習を始められるのでありがたい。
練習の総量が変わるという意味ではなく、誰もいない早い時間に集中して
演技の練習をできるからです。
環境に左右されないことも大切ですが、できるだけ良い環境を作る努力も大切。
posted by まろ ジャグリング at 06:59| Comment(0) | 海外

2013年06月14日

Chaim Gebberとの作業

maro-juggling_2013.06.13.chaim.JPG
昨日少し言葉が足りませんでしたが、体調不良の時はしっかり休むに限ります。
ただ休めない事情がある時は、とりあえず目先の一時間頑張るという気持ちです。
一時間後にまだ頑張れるならもう一時間頑張ってみる。
体調が悪い時に一日のハードスケジュールを全部想像したら
出かける気を無くしてしまいますからね。
今この瞬間、目先のこと以外見ないことにする(笑)

昨日はChaimとの振り付けまで頑張って準備しておいて本当に良かったです。
いろいろ前に進みました。
本当に良いダンス教師、振付家なので、2、3年後、Chaimを日本に招待して
新ジャグリングのためのワークショップを企画したいと思っています。
posted by まろ ジャグリング at 23:59| Comment(0) | 海外

2013年06月13日

風邪ひいてます

先週から一週間位風邪をひいています。
主な症状は鼻やのどの痛みなどでそんなに熱はない感じでしたが、
今日は熱が上がっている気がします。
今日の予定はこれから4時間練習し、その後2時間半振付家と一緒に作業、
その後コンテンポラリーダンスとバレエクラスに参加してから最後に2時間練習。
でもダンスクラスは休んだ方が良いかな…などと朝から考えていたのですが、
考えるだけ無駄だと気づきました。
とにかく今から4時間練習し、振付家との作品作りまでしっかりやる。
その後のことはその後考えれば良いですね〜

つらい未来を想像して気力を無くすのではなく、
今この瞬間、とにかく目の前のことに力を尽くす。


…ということを書こうと思ったので、大丈夫?という同情がほしいわけでは全くありません(笑)
休むべきだと判断したら全力で休むので本当に大丈夫です。
まずは朝の練習、はりきって出発します!
posted by まろ ジャグリング at 16:15| Comment(5) | 海外

2013年06月12日

友人との再会

昨日は2つのコンテンポラリーダンスクラスとバレエクラスに参加、
合間に自分の練習をしていました。
あまり細かく書いていませんが、毎日のように色々な友人に再会しています。
昨日はコンテンポラリーダンスとバレエの間に一度Katakombenに戻ったら、
建物前のベンチにKelvin Kalvusが・・・
ここ最近の欧州の大洪水のせいで、Kelvinの地元
ドレスデン中心部なども大きな被害が出ているそうです。
幸いKelvinの家は少し標高が高い場所なので被害は免れているそうですが、
みんな誰かしら知人は浸水被害にあっているとのこと・・・

Kelvinと立ち話をしていたらドイツ人のMark、Thomasと続けてKatakombenにやってきました。
Markは5年ほど前にSergei Ignatovのワークショップ時期に一緒だったジャグラー、
Thomasはまろが初めてベルリンに来た時からずっと各地の劇場で
ショーをしているプロフェッショナルです。
現在はベルリンのWinter gartenに出演中。
Fernandoというアーティスト名で活躍しています。

ちなみに今夜はStefanとCristianaがディナーに招待してくれています。
それまでにしっかり練習を終わらせなければ・・・
明日は午後からダンサー、振付家のChaim Gebberに刀の演技を見てもらいます。
やっぱりドイツにいないと出来ないことは沢山ありますね〜
ここにいるからこそ出来ることに集中していきます。
タグ:ベルリン
posted by まろ ジャグリング at 18:10| Comment(0) | 海外

2013年06月08日

Darragh Mcloughlin

昔ベルリンで2年程一緒に練習していたDarragh、その後オランダで新設された
サーカス学校ACAPAの二期生となって4年間のコースを終了しました。
一年程Katakombenの寮で一緒に暮らしていたので、かなり懐かしい顔です。
三年前に一度パリで再会して以来。
そのDarraghがベルリンでパフォーマンスをしたので観てきました。
maro-juggling_darragh_bjc.jpg
当時はジャグリングが上手でマニアックなアイルランドの少年でしたが、
サーカス学校の4年間を終えて、見違えるように成長していました。
身体、演技、創造性。。。
特に昨日のショーでは「観客の」時間を操るような、不思議な既視感、時間の跳躍があり、
「ジャグリングがジャグリングではなく」なっていたのがとても良かったです。
StefanとCristianaもそうですが、ジャグリングそのものは重要に感じなくなるくらい
総合的な作品のレベルが高くなるとジャンルを超えて
「舞台芸術」の一分野になれるのだなぁと思いました。

Stefan Sing & Cristiana Casadio "Tangram"
posted by まろ ジャグリング at 17:38| Comment(2) | 海外

2013年06月07日

いつもそこにいる人たち

まろがベルリン滞在時に練習拠点にしているKatakombenは、ビジターも多いので
訪れる度にほとんど顔ぶれが変わりますが、その中でも変わらないメンバーもいます。
そしてそういうメンバーは大体朝から練習している。
アーティストとして生き残っていくことはそういうことですね。
上手く仕事をしてビジネスを成功させるというのとは全く別の話ですが…
それでもはやり、自分の芸に誠実な人は素敵だなと思います。
posted by まろ ジャグリング at 21:12| Comment(0) | 海外

2013年06月06日

本日の練習

朝間違えて一時間早く起きたので、ドイツ語勉強も一時間長くなりました(笑)
今日も火曜日と大体同じ練習内容です。
9時から1時間半ウォーミングアップと演技の練習、
10時半からコンテンポラリーダンス、
12時から1時間ジャグリング、昼食をとって
14時から16時までジャグリング、軽食をとって
16時45からコンテンポラリーダンス、
18時30からバレエ、
20時から22時までジャグリングと身体訓練。
帰宅してギター弾いて23時には就寝します。
maro-juggling_berlin_elementaryschool.jpg
アパートの目の前が小学校なので、朝食をとりながら
子供達の登校風景を眺めるのが日課になっています。
maro-juggling_berlin_detlef's_garden.jpg
ちなみにこちらはアパートの中庭。
ベルリンは一昨日から天気が回復し、日本の春のような陽気でとても過ごしやすくなっています。
これから20分ほどストレッチしてから出発します!
posted by まろ ジャグリング at 15:20| Comment(2) | 海外

2013年06月05日

ブレインツイスター

昨日参加した3つのダンスクラス、どれもそれぞれ楽しかったのですが
Sabineのバレエ中級クラスだけはきつかった(頭が)
特にバーレッスンはすでに数か月続けている流れで、
ぱっと省略気味に一回見せるだけなので覚えきれない。
テンポも速く、オーソドックスな流れとは違う細かい要素も入ってくるので
久々の反射神経テストをやっている気分でした…
でもセンターレッスンになってからは楽しかったです。

Chaimのコンテンポラリーダンスは床を多用する動きで、
腕で体を支える場面も多いので少し手首が痛くなりました。
以前から色々話をしているのですが、金曜日にKatakombenに来てもらって
演技の振り付けやアドバイスなど、一緒に作業することになりました。
どうやってより動くことができるのか・・・可能性の追求ですね。

今ベルリンは朝8時45分、これから練習に行ってきます。
posted by まろ ジャグリング at 15:44| Comment(0) | 海外

2013年06月04日

朝のドイツ語終わり

今ベルリンは7時50分、朝のドイツ語勉強が終わり、
これから朝食とサンドイッチ作って出発です。
8時40分までに時間が余ったら少しギターを弾いてから・・・
今日は自分の練習の他に10:30からCristianaのコンテンポラリーダンスクラス、
16:45からChaim Gebberのコンテンポラリーダンスクラス、
18:30からSabine Sandloffのバレエクラスに参加してきます。

ほんの数日前のことですが、日本にいた現実感がなく、
ベルリンでの暮らしがいつもの日常に戻っています。
街の空気、公園の草木や暮らしていた部屋、いつもの練習場所といつもの顔ぶれ。
五感に触れるものが沢山あると一瞬でここでの暮らしが当たり前の感覚になる。
アーティストというのは素敵な職業ですが、現実的には厳しい生存競争でもあります。
今日もしっかり集中していきます。
posted by まろ ジャグリング at 14:50| Comment(0) | 海外

2013年06月03日

久々のダンスクラス

今ベルリンはちょうど朝6時です。
気温は11度。雨も降って肌寒いというか単純に寒い。
今日もこれから一時間半ドイツ語の勉強、その後練習開始です。
夜はバレエの中〜上級クラスに参加してきます。
ベルリンにいた時はいつも参加していたクラス、
久しぶりに先生達に会うのが楽しみです!
(こちらがスタジオの先生プロフォール)
今夜参加するバレエはMatthew Hashemian Thomasです。
posted by まろ ジャグリング at 13:08| Comment(2) | 海外

2013年06月02日

ベルリン到着

オーストリア航空でウィーンを経由し、無事にベルリンに到着しました。
成田からウィーンはエコノミーの中央4席に一人だけだったので、
飛行機内でかなりのびのび過ごすことができました。
途中で開脚ストレッチしたり(笑)

今ベルリンは朝6時20分すぎ、最高気温は15度、最低14度で雨が降っています。
半袖で過ごすには肌寒いですね。
7時半までドイツ語の勉強をしてから朝食、8時30から練習に行ってきます!
posted by まろ ジャグリング at 13:24| Comment(0) | 海外

2013年06月01日

徹夜中

しばらくはできないと思うとやっておきたいことが沢山ありますね。
行きは成田からウィーンを経由してベルリン、
帰りはケルンからミュンヘン経由で成田です。
朝7時がドイツの午前零時なので、徹夜しても時差調整のためには丁度よかったりします。
持ち時間はあと3時間半!
タグ:準備 渡欧
posted by まろ ジャグリング at 02:29| Comment(3) | 海外

2013年05月27日

懐かしの写真

海外のショーでは時々カーテンコールに出演者がヒトネタ披露する場面があったりします。
これは7年前、ドイツの劇場でギターを弾きながら有名アニメの曲を歌ったシーン。
maro-jugging_guitar_sofa_variete.jpg

「ぼくはシュナッピー」
昔ヒットチャート10週1位だったそうです。
「シュニー シュナー シュナッピー」というサビの合間に
ドイツ語で「みんな一緒に!」とか「もう一度!」などとあおりつつ、客席と合唱(笑)

今夏の仕事は、ドイツ80年代のTVクイズ番組をコンセプトにしたショーなので、
演技やダンスなど、変わった要求が多そうな予感…
今からリハーサルが楽しみです!
posted by まろ ジャグリング at 23:16| Comment(5) | 海外

2012年09月10日

残念。。。

7月に9月21からのノルウェー、オスロでのサーカス出演の依頼があったのですが、
Kelvin Kalvusのコンタクトジャグリングワークショップが決まっていたので断りました。
先日また9月27からオーストラリアでのショーとワークショップ講師の依頼をいただいたのですが、同じ理由で残念ながら断りました。
基本的にまろは観光旅行や交通費自腹でショーに参加ということはせず、
仕事で呼ばれた時だけその国や街に行くというスタンスです。
ノルウェーもオーストラリアもまだ行ったことが無かったので行きたかったのですが。。。
でもまずはKelvinとワークショップ参加者に良い時間を過ごしてもらうことが最優先。
しっかり芸を磨き続けていればきっとまた別の機会もあるでしょう。
posted by まろ ジャグリング at 00:31| Comment(0) | 海外