2014年01月08日

絶対に欠かせない練習は何だろう

月曜日に横浜新ジャグリングクラブの初練習をして感じたこと…
まだたった一日ですが、「圧倒的に練習時間が足りない」

まろの普段の練習感覚では1時間50分は、30分走って1時間半ストレッチして終わり。
(10分はみ出てます…)
そこからバレエバーの基礎や倒立などを経て各種ジャグリングの練習をはじめます。
さらにジャグリングと動きの練習、演目の練習…
ストレッチをしながら合間に小休止。

最低でも練習指導時間は毎日5時間欲しい。本音は最低8時間以上。
…と言いたいところですが。
そうなるともう本当にサーカス学校や、プロのサーカスアーティストを
目指すための練習、指導形態です。

横浜新ジャグリングクラブの練習は時間、目的を含め方向が違います。
1時間50分を週に三回。
その限られた時間を最大限に活かすにはどうすれば良いか。
全部を詰め込むことはできません。

必要な知識、新しい知識を伝え、それをもとに自分で練習することができる部分と、
指導者の目が必要な練習と。
生徒の自主練習に任せる部分と絶対に欠かせない部分は何だろう。

月曜の練習が終わってからずっとそのことを考えています。
任せる部分は…ストレッチ(開脚、つま先、ブリッジ)と筋トレ、ジャグリングのトリック、
指導者の目が欠かせない練習は、フォームチェックと修正、
ボディワークとジャグリング、演技作り。

もちろん自主練習に任せる部分も最初に正しい知識や練習法の伝達、
そして時々結果や練習方法をチェックする必要があります。

横浜新ジャグリングクラブ練習参加が週二回の人もいれば一回の人もいる。
それぞれの条件で、最大限の結果を得てもらいたい。
みなさんストレッチしておいて下さいね〜
*****************************
横浜新ジャグリングクラブについて、詳細はこちらのページをご覧ください。
まろが前のめり、熱すぎるかもしれませんが、レッスンでは怖くないです(笑)
1/8(水)は桜木町で初級と一般クラスがあります。
みなさんと一緒に練習できることを楽しみにしています!
*****************************

posted by まろ ジャグリング at 01:45| Comment(0) | 新ジャグリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。