2017年02月22日

[特別公開]ジャグリングのスピンについて〜横浜新ジャグリングクラブのライングループ投稿より

横浜新ジャグリングクラブでは普段の練習の他にサポートとしてライングループで練習のコツや疑問点への回答、動画での質問に非公開動画で回答したり練習やイメージ作りに役立つおすすめ動画などをシェアしたりしています。
本来ライングループ内のみの投稿ですが投稿の例として、長文ですがジャグリングのスピン、ピルエットの練習に悩んでいる人に役立つ部分があるかなと思うのでつい先ほどの投稿を公開します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スピンについて

とにかくフラッシュを綺麗に投げてから回るのが大切。
変なところに投げれば回転しなくてもキャッチは難しい。

綺麗に投げるためには以下の各ステップを確実に分けて行うこと。
step1.正確に投げる(投げながら回転を始めない)
step2.道具の行先を見る
step3.スピン
step4.落ちてくる道具を見る
step5.キャッチ(特に1個目を確実に取ることに集中。触っているけど弾いてしまう場合は手を下げながら柔らかくキャッチするように)
(step0.リラックス。回るぞ、と力まずに、まずはいつもどおりただ楽に投げるだけ。)

綺麗に投げているのに間に合わない場合は各動作から少しずつ時間を稼ぐ必要がある。
時間を稼ぐ方法としては
1.フラッシュを高く投げる(特に1個目、もちろんコントロールできる範囲で)
2.少しためてからフラッシュ1投目を投げる
3.フラッシュのテンポを速くする
4.フラッシュ前の基本パターンの高さを少し下げる(テンポを速く)
5.速く回る
6.回転の向きとフラッシュのセオリー(右回りなら右手からフラッシュ、左回りなら左手からフラッシュ)
※例えば上記6個の要素で各0.1秒稼げたら計0.6秒、0.6秒あれば道具の落下位置は大きく違う。
細かい部分が分からない場合はとにかく1、フラッシュの1投目を高く投げるだけでOK。

速く回ることについては、実際速く回る他に出来ることとして
 ・フラッシュが終わる前に軸足に体重を乗せ、蹴り足の準備を終えておく(投げてから準備ではなくフラッシュの最中すでに回る態勢ができている)
 ・基本とは矛盾するが正確に投げられるなら最後の一投を投げたら行先を見ずに即回転する(行先のずれは感覚でわかる)

回転の向きと投げ始める手
ジャグリングのセオリーとして、右回りなら右手からフラッシュを始めることで、回転を全部終わらせる前に1個目が視界に入ってくる。
右回りで左手からフラッシュをすると1個目が視界に入るのがそれより遅くなる。
見えれば取れる、見えなければ取れないので、その0.1秒がやりやすさにつながる。
ただしそのセオリーは絶対守らなければいけないものではなく、特に1、2回転の場合は綺麗にフラッシュを投げられるほうから投げて、回りやすい方に回る、または見栄えのためにセオリーの逆から投げても構わない。なぜならその0.1秒の差で取れないなら原因は恐らくフラッシュが乱れていたり高さ不足、回転の遅さや軸のぶれなどが原因の場合がほとんどだから。
各要素を積み重ねて0.1秒を稼ぎだしていかなければいけないのは、3回転、4回転以上や、5個以上の道具でのスピンなど、難易度がより高くなった時にその0.1秒の差が効いてくる。
1、2回転はそこまでシビアではないので、いつもより少し高く投げる、少し速く回る、それで対応できる。

回転時のフォーム
足について
 ・回転前に重心を軸足に8、蹴り足に2位の割合で乗せておき、回転が始まった時に重心の前後の移動を大きく起こさないようにする。その重心の移動が軸を斜めにしてしまう。
 ・蹴り足はつま先を伸ばして軸足のくるぶしにつける。
 ・軸足の膝はゆるめても良いが腰の高さが下がるほど曲げすぎない。
 ・回転の終わりで蹴り足を軸足と平行、または軸足の前に着地する。(後ろに着地すると重心も後ろに移動してしまう)
腕について
 ・ジャグリングのセオリーどおり投げたら胸の前で両腕を交差して回る。脇、肘が開かないようにしっかり体に引き付ける。両腕とも胸ではなく、片手を胸、片手をお腹あたりにつけて回ることもあり。どのような形にしても体と腕に隙間が空かないように。しっかり引き付けるほど回転力が増す。
 ・見栄えのために、腕を体の前後に巻き付けたりさらに違う形で回ることもある。その場合必要に応じてセオリーとは違う方からフラッシュをする。
 ・腕を巻き付けることを例にとると、右回りの場合左手からフラッシュをし、右手を腰の後ろ、左手をお腹の前につけて回る。この時脇や肘、前腕と体の間に隙間が空かないようにしっかり引き付けること。なぜセオリーと逆からフラッシュをするかというと、最後の道具を投げる時にすでに反対の手を腰の後ろに回すことができるから。セオリー通りだと、最後の道具を投げてからその手を後ろに回さなければいけないのでスタートが遅れる。
 ※スピンに余裕があるなら、腕を巻き付けることもセオリー通りではなくやりやすい方からしっかりフラッシュをして回るということももちろん可能。

名称について
ジャグリング時の回転について慣習的にピルエットと呼ばれることも多いが、本来ピルエットという名称はバレエのある特定の回り方についての名称であり、ジャグラーの回り方はもちろんその形にはなっていない。
そこからスノーボードなどのように回転数を角度で表すようにもなってきており、360、720、1080などという表現も広く使われている。
新ジャグリングでは単純にスピンと呼び、回転数が増えるごとにシングルスピン、ダブルスピン、トリプルスピン、クワドラプルスピン、クインテュプルスピンなどと呼ぶ。より単純に5スピン(ファイブスピン)など。考え方としては身体の表現も追及するスポーツとしては、上記のようにピルエットという名称は正確ではなく、また一般の観客には1080などの角度での表現よりもトリプルスピンという名称の方が分かりやすいからである。さらに言えば回転は3回転で終わりではなく、4回転5回転もあり得るので、その時に1440、1800、2180と呼んでいくのか、4スピン、5スピン、6スピンと呼んでいくのとどちらが分かりやすいのかということが背景にある。

>結構長文ですがスピンについてまとめました。
分からない部分、分かりにくい部分があれば練習時でもラインでも遠慮なく質問してください(^^)ノ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一気に書いたので書き直したり追加する部分もあるかと思いますが、ひとまず今朝のアップはこんな内容でした。
まろ自身自分の練習やショーの都合などで、毎回直接教え続けるということは難しいので、こういった資料作り、ライングループでのサポートなどにも力を入れています。
今回特別に公開してみましたが、何かの参考になれば幸いです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まろからの直接指導、ラインサポートが受けられる
横浜新ジャグリングクラブ練習会の詳細はHPをご覧ください。
横浜新ジャグリングクラブ練習会のお知らせ

練習方法動画youtubeチャンネル


posted by まろ ジャグリング at 12:28| 新ジャグリング

2017年01月28日

プロから直接ジャグリングの上達法を習える場所

最近よくパフォーマンスの後にまろから直接ジャグリングを習える場所のお知らせをしているので、あらためて練習場所に関するリンクを貼っておきます。
横浜新ジャグリングクラブ練習会のお知らせ

指導者紹介動画


まろは2009年の帰国以来、ジャグリングの技術とは別に年齢性別関係なくどうすれば生徒が一番早く上達し、人に見せるための演技ができるようになるかということをずっと追求してきました。
沢山の出会いや指導を通じ、指導のプロとして今一つの完成形を作れたかなと思っています。
例えばジャグリング歴一年の女性が東京都のヘブンアーティストライセンスに合格したり、7ボールや5クラブジャグリングができるようになったり。

必要なものはやる気だけです。
ジャグリングができるようになって、沢山の人に拍手をもらえるようになりたいという方はぜひ気軽に無料体験参加してみてください!
横浜新ジャグリングクラブ練習会のお知らせ
posted by まろ ジャグリング at 17:44| 新ジャグリング

2016年08月19日

最近の更新先

HPやブログを全体的に更新しようと考えているのですが、
毎日の練習や指導、ショー出演などで全く時間が取れず…
最近の様子などは主にfacebookページやツイッターに更新しているのでそちらをご覧ください。
facebookページ
https://www.facebook.com/marokurita/


ツイッター
https://twitter.com/marokurita


ちなみに夏休み期間中と9月、10月の三連休は志摩スペイン村のパルケエスパーニャ、
ロストレジェンドというショーに出演中です。
残り期間は明日以降8/25、29以外全て出演しています。
2016.08.19.parque.top.png
ロストレジェンドをご覧いただいた方で、使って良い写真や動画などいただけたら嬉しいです。
置きカメラなどはできるのですが、出演しているとなかなか狙った写真を撮ることは難しいので…
使っても良いよ、という方は以下のアドレスまでご連絡ください。
juug-hotmail-logo.png
写真クレジット表記ご希望の方はお知らせいただければ(c)○○〜という形で併せて記載いたします。

ちなみにお気づきでしょうか…まろは「ガイド」と「神の遣い」、二役で出演しています。
posted by まろ ジャグリング at 09:00| ショー

2016年04月08日

第3回横浜新ジャグリング競技会ダイジェスト動画リンク

一般社団法人国際新ジャグリング連盟のHPであらためて先日の競技会動画のリンクやルール概要についてなど更新されています。

第3回横浜新ジャグリング競技会ダイジェスト動画リンク

ご来場いただけなかった方も、当日の雰囲気を感じていただけると思います。

posted by まろ ジャグリング at 18:33| 新ジャグリング

2016年02月29日

明日桜木町で本番です

本日午後のリハーサルより。明日は新ジャグリングのルールに則った演技3人x3種目、ジャグラーチコ、まろ、ハンガリーの元体操ジュニアチャンピオンのオリヴィアによるハンドスタンドアクト、ジャグリング世界記録保持者のライドディトマーのゲストショーで...

Posted by まろ on 2016年2月29日

夕方ツイッターに投稿した動画のロングバージョンです。
Laidoは動画以外でももちろんすごいことを沢山やっていたのですが、
すごいことをやりながらも安定感があり、流石にプロとして世界中のサーカスで
沢山演じてきただけはあるなと感じました。
http://irjf.info/3rdyrjc
いよいよ明日3月1日(火)18:30〜、桜木町で本番です。
途中入場可能で当日券もありますので、お時間ありましたら
ぜひ直接桜木町にぎわい座、のげシャーレまでお越しください。
まろも明日はギリギリのコンディションですが、12分ほど演技をします。

明日劇場でお会いできることを楽しみにしています!
posted by まろ ジャグリング at 23:44| 新ジャグリング

2016年02月12日

今回Laido Dittmarを呼ぶ価値があると考えた理由

最初のきっかけはLaidoから日本でワークショップをやりたいと連絡をもらったことでした。
Laidoの練習方法に対する姿勢、考え方が、ちょうど昨年開催した
Viktor Kee、Stefan Singのワークショップと組み合わせると
最高の学びになると考えたのがLaido招聘を決定した理由です。

Viktor Keeからプロのアーティストとして演技のつくり方、生き方、
Stefan Singから自分の動き、身体から生み出される新しいジャグリングの可能性、
そしてLaidoから全ての種類の表現を支える土台になる、
純粋なジャグリング技術をより早く上手になれる練習方法、考え方のワークショップ。
表現・独創性・技術。
この3つのうちどれか一つが欠けても成り立たない。
Viktor Kee、Stefan Singと続いたワークショップも、Laido Dittmarで完成します。

Laidoは生まれつき自然に上手になるジャグラーとそうでないジャグラーの
具体的な行動の違い、考え方の違いを見つけ出し、
どうすれば才能や年齢によらず上達できるかを6つの方法として理論を確立しました。
上の動画はLaidoがその理論をFast Juggling Successという本にまとめたもののプロモーション動画です。

動画を見るとLaidoの技術のすごさが際立ちますが、Laido自身ジャグリングを始めたのも遅く、
自分は「自然に上手になれるジャグラー」ではなかったといいます。
でもそこから徹底的な観察と研究、自己管理と練習で、
ジャグリングの世界記録を打ち立てるまでになります。
子供の頃から環境に恵まれ、上手になったジャグラーではないからこそ
Laidoの理論、練習方法の効果の説得力も増します。

Laidoの世界記録(Juggle Wikiより)
7リングバッククロス:7キャッチ 2014年(動画) Pavel Evsukevichとタイ
7リング2段階スピン 2015年(上記動画の1分56秒あたり) Anthony Gattoとタイ
10リングとリングバランス:10キャッチ 2014年(上記動画の2分53秒あたり) Pavel Evsukevich、Anthony Gattoとタイ
10リングとクラブバランス:10キャッチ 2015(動画、ネット上での様々な流れにより冗談、皮肉として「記録ではない」と書いてあります) Pavel Evsukevich、Anthony Gatto、Willy Colombaioniとタイ

Laidoが世界トップレベルの技術を誇るとはいえ、彼より技術が上手なジャグラーもいるのですが、
その技術をどうやって獲得するのか、具体的な上達方法を人に教えられるかは全く別の話です。
人よりも自然に上手になれる人たちはなぜ自分が上手になれるのか、
その方法を理論化していない、なぜなら彼らは「自然に練習してきただけ」だからです。

Laidoが世界中のトップジャグラーに練習の秘訣を聞いていた時も、
いつも返ってくる答えは「自分がやっていることを好きになって、一生懸命やることだよ」
というもの。
でもその先の、具体的な上達の秘訣を教えてくれるジャグラーはいませんでした。
最初は彼らがわざと教えてくれないのかと思っていたLaidoもついに気づきます。
「彼らは教えようとしてくれているけど、それ以上表現することができないんだ」と。
そこからLaidoは質問をやめ、代わりにトップジャグラー達の練習を徹底的に観察するようになります。

そして何年もの追究を経て、確立したのが「劇的にジャグリングが上手になる6つの方法」です。
東京でのワークショップが決まった昨年から、Laidoはワークショップのために
出版済みの本には載せられなかった新しい理論、出版後のジャグラー達の質問に答える
新しい章など、今回世界で初めて学ぶことができる方法も準備してくれました。

早くジャグリングが上手になれる。
そうすればもっと新しい技、難しい技に挑戦していける。
もっと難しい技ができれば、今までギリギリだった技も、ステージでの演技に入れていける。
余裕を持って技ができれば、ジャグリング以外の表現をする余裕も生まれる。

DOHCのジャグラー、Jay Gilligan、Wes Peden、Patrik Elmnert、Tony Pezzo、Emil Dahl、
独創的、クリエイティブなジャグラーの代表格と言える彼らも、そもそも圧倒的にジャグリングが上手い。
9ボール、9クラブフラッシュ、10リングなどができたから、その先の世界に進んでいけた。

純粋に技術を追求するジャグラーも、
クリエイティブなジャグラーも、
ジャグリングをやる以上、技術から目を背けることはできない。

よくあるワークショップに参加すると、新しい技のやり方、コンビネーションなど、
様々なアイデアを学ぶことができます。
でも大体はそこまで。
どんなに沢山有名なジャグラーのワークショップに参加しても、練習に戻ると元通り。
Laidoのゴールは、彼から学んだジャグラーが練習の仕方そのもの、目標設定の仕方、
上達のための考え方を変え、自分が一番上達できる習慣を身に付けてくれること


何より、ずっと行き詰ってストレスを溜める練習より、
日々進歩を実感できる練習ができたら楽しいじゃないですか。

長くなりましたが、以上が今回Laidoに日本に来てもらおうと決めた理由です。
laido-dittmar-WS2016.tokyo_.jpg
劇的にジャグリングが上手になる6つの方法ワークショップ
世界記録保持者Laido Dittmar東京WSの詳細はこちら


posted by まろ ジャグリング at 00:16| ワークショップ

2016年02月10日

3リング3アップハンドスプリング動画:ジャグラーチコ


ジャグラーチコがまろの元でジャグリングの練習を始めてから2年と2か月目。
今までの上達記録:
2014年1月 ジャグリングの練習開始
2014年3月10日 5ボール 10キャッチ
2014年4月25日 5ボール 50キャッチ
2014年5月17日 5ボール 100キャッチ
2014年8月7日 5ボール3アップスピン
2014年10月7日 7ボールフラッシュ
2014年11月3日 4クラブ 100キャッチ(シンクロ、エイシンクロ共)
2014年11月26日 5リング 100キャッチ

2015年2月10日 5ボール5アップスピン
2015年5月14日 5クラブ 50キャッチ
2015年5月21日 6ボール 50キャッチ(シンクロ、エイシンクロ共)
2015年7月3日 5クラブ 120キャッチ
2015年12月14日 7ボール 69キャッチ

2016年1月18日 5クラブ3アップスピン(回収)
2016年1月28日 6クラブフラッシュ(シンクロ)

あらためて書き出してみると凄い上達速度ですね。
しかも技だけではなくちゃんと演技も作りながら。

3月1日に行われる第3回横浜新ジャグリング競技会、彼女も出演するのでみなさま応援よろしくお願いします!

ジャグラーチコツイッター
posted by まろ ジャグリング at 19:40| 動画

2016年02月05日

まろの16年前、別バージョン大学の柔道試合ビデオ

My another Judo Video. Maybe you can recognize me easily because of my hair color :) I started juggling this year. 16 years ago.2000.06.01

Posted by Maro Kurita on 2016年2月4日

まろの16年前の柔道の試合ビデオです。この年に舞台役者から言葉を使わない演技に転向しようとパントマイム劇団に入団し、ジャグリングの練習も始めました。
2000年06月01日
posted by まろ ジャグリング at 09:46| 動画

2016年02月03日

まろの20年前、大学の柔道の試合動画

Old Judo video from my college days. Can't believe that was already 20 years ago...I'm on left side and just wear black belt and also had black hair :p

Posted by Maro Kurita on 2016年2月3日

黒髪なので分かりにくいですが、動画では左側、黒帯のみ(赤帯をしめていない方)がまろです。

中学から大学、社会人になるまで12年打ち込んでいた柔道。
ジャグリングを始めて数年は、得意なジャグリング道具は
ボールやリングではなく人間(を投げる)と冗談を言っていました。
道を歩いていても電車に乗っていても、いつも闘うことばかり考えていました。
それくらい柔道抜きの生活というのが考えられなかった。
それももう20年前…
気づけばジャグリングのキャリアも柔道より長くなりました。

今はまた新しい道。
posted by まろ ジャグリング at 23:38| 動画

4年前ベルリンでジャグリング練習中のfb動画

4 years ago in berlin:)2011.08.08

Posted by Maro Kurita on 2016年2月3日

少し古い動画をfacebookにアップしてみました。
twitterだと20秒までしかアップできないので、今回はfacebookのみです(^^;
posted by まろ ジャグリング at 22:47| 動画